やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

プロ野球チケット・グッズ情報を中心に、阪神タイガースやプロ野球について“23式”でタイムリーに発信

巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴

東京ドームでの巨人戦のシーズンシートについて更新。

 

毎年、巨人戦のシーズンシートが入ってきたりするが(年間分ではなく、余った試合を持ってくる)、オーロラシートやビームシートがあるとホームページで告知すると、電話などの問合せで

「オーロラシートは何ですか?」、「ビームシートはどの辺の席ですか?」

と言われるケースが多いこともあり、シーズン中のこの機会に説明する。

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778
http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター
http://twitter.com/Ticket_T1

シーズンシートとは、年間予約席のこと。

 

プロ野球の場合だと、1シーズン通して購入者が一定の金額を支払うことにより、球団から指定された座席番号の席を購入者専用の座席として使用出来る座席のことを言う。

 

例えば今年シーズンシートを購入した方は、今シーズン中は同じ席で観戦出来る。

 

巨人戦(東京ドーム)のシーズンシートを購入すると、シーズンシート限定の特典が付く。

 

以下、特典。

 

「シーズンシートオーナー感謝祭」を開催

試合前のグランド見学会 

ジャイアンツ・ファンフェスタに招待

オリジナルグッズ(非売品)プレゼント

 

オーナーズカードを発行

ご優待券綴りプレゼント 

ご来場記念品プレゼント

お弁当割引券プレゼント

 

シーズンシート会報誌「Stagione」の送付

エキサイトシート(一般席分)優先販売

 

一般席優先販売

クライマックスシリーズ」契約席優先販売

クライマックスシリーズ」優先販売

日本シリーズ」優先販売

 

オープン戦、イースタンリーグに招待

専用ゲートから入場

 

以上。

 

シーズンシートの種類だが、レギュラーシーズンシートが6、スカイシートが5、プレミアム・ラウンジが3、14種類もある。

 

気になる値段だが、これが高い。

というか、高過ぎる。

 

以下、シーズンシート契約料金。

 

1試合単価は東京ドーム開催分の63試合で割ったもの。

 

レギュラーシーズンシート 1階スタンド

 

スターシート 1席 1055000円(1試合単価 16746円)

オーロラシート 1席 858000円(1試合単価 13619円) 

ビームシート 1席 543900円(1試合単価 8633円)

 

エキサイトシート A(1列目) 2席 2300000円(1試合単価 2席 36507円)

エキサイトシート B(2列目) 2席 2200000円(1試合単価 2席 34920円)

エキサイトシート C(3・4列目) 2席 2000000円(1試合単価 2席 31746円)

 

スカイシート 2階スタンド

 

スカイ1 1席 543900円(1試合単価 8633円)

スカイ2 1席 435200円(1試合単価 6907円)

スカイ3 1席 346500円(1試合単価 5500円) 

スカイ4 1席 277200円(1試合単価 4400円)

スカイ5 1席 199800円(1試合単価 3171円)

 

プレミアム・ラウンジ 中2階 バルコニースタンド

 

ロイヤルウイング 1席 1097250円(1試合単価 17416円)

グランドウイング 1席 957600円(1試合単価 15200円)

スーパーウイング 1席 638400円(1試合単価 10133円)

 

以上。

画像は2012年の巨人戦スターシートと、来場記念品引換券 

f:id:t-1tk23:20180110193138j:plain
どれだけ高いか、一般の席と比較すると分かる。

 

一般チケットで一番高いのは、エキサイトシート 6500円。

シーズンシートのエキサイトシート Aは18253円なので11000円以上高いし、エキサイトシート Bでも17460円でも1万円以上高い。

 

次に高い一般チケットは指定席S 5900円、片やS席より良席のスターシートは16746円とその差は約1万円。

 

指定席A 5200円の前のブロックの位置となるオーロラシートは13619円、と約8400円A席より高い。

 

ビームシートは指定席B 3700円より良席になるが、8633円と約5千円高いし、指定席A 5200円よりも悪いのに、そのA席よりも高いんだから買うメリットがない(この価格ではという意味)。

 

スカイシートは、指定席C 2300円と指定席D 1700円と変わらないのにその倍以上の値段。

 

この価格になると、個人で買うのは難しいだろう。

 

と言っても、いくら会社でもこのご時勢だ。

この高い値段を払ってまで、巨人戦のシーズンシートを購入する会社は激減していると聞いている。

 

あと会社の福利厚生費や営業促進ツールとして活用と言っても、昔は巨人戦のチケットの入手も難しかったのでシーズンシートを購入するメリットもあった。

 

しかし、今では簡単にチケットが手に入るし、当日券で指定席を販売している試合も多いので、高い値段のシーズンシートを買ってまでという企業も多い。

 

確かT-1が開業した頃(1995年)は、巨人戦の人気のピークの時だったので、シーズンシートを購入する会社が後を絶たなかった。

実際、キャンセル待ちでないと買えなかったほど。

 

それが今では、球団に直接申し込みをすれば直ぐにでも買える。

 

実際にシーズンシートに空席があることもあり、20試合プラン、平日プラン、週末プランと受付をしているが、それでも埋まらないとのこと。

 

20試合プランとかやるより、価格を下げたほうがいいと思うが、値段を下げないところが殿様商売というか、プライドが許さないんだろう。

 

このシーズンシートの値段の高さは、読売巨人軍の殿様商売ぶりを象徴している。

 

なお、シーズンシートの座席の位置などは、ジャイアンツのオフィシャルホームページで確認を。

 

読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)

5/6(休)18時 阪神  ビームシート 1塁11通路 30列  2500円※2連→売切れ、指定席C 2階1塁 7通路17列  2300円→1000円※売切れ、2階3塁 9通路20列  2000円※4連→売切れ、指定席D 2階3塁 1通路13列  1500円※2連→売切れ、2階3塁 13通路5列  1700円※売切れ

 

5/7(火)18時 阪神  指定席A 3塁 36通路32列、37通路35列  5200円→2000円※2連2組→売切れ、指定席C 2階1塁 7通路15列  2300円→1000円※売切れ、2階3塁 8通路30列、9通路21列  2300円→1000円※2連2組→売切れ、外野指定席 ライト 55通路6列  2000円→1000円※2連→売切れ、ライト 56通路16列  2000円→1000円※売切れ、外野指定席 ライト 57通路17列  2000円→1500円※売切れ

 

5/14(火)18時 ロッテ  オーロラシート 1塁18通路 22列  9000円※残2連

 

指定席D席引換券  1700円

5/6(休)18時 阪神  800円※売切れ、7(火)18時 阪神  700円※売切れ、8(水)18時 阪神  700円※売切れ

5/15(水)18時 ロッテ  600円※売切れ

5/17(金)18時 西武  600円

 

横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム) 内野自由席招待券  大人 2500円

 5/10(金)18時 巨人、14(火)15(水)18時 楽天  1000円※売切れ

5/17(金)18時、18(土)14時 日本ハム  1000円

5/25(土)26(日14時 ロッテ  1000円※売切れ

 

埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム) 内野指定席B 当日 3000円

 5/19(日)14時 阪神 1塁B71 18段  1750円※2連→売切れ

5/22(水)18時 広島 1塁B73 9段  1500円※残2連、23(木)18時 広島 1塁B73 9段  1500円※2連→残1枚

 

内野指定席C  当日 3000円

5/20(月)18時 阪神 1塁A29 7段  1500円※2連→売切れ

 

内野自由席招待券  大人 当日 2500円

5/22(水)23(木)18時 広島  1200円

 

東京ヤクルトスワローズ戦(神宮球場) 外野自由席招待券  大人 1500円

 5/6(休)7(火)8(水)18時 中日  1000円※売切れ

6/5(水)6(木)18時 楽天  900円

 

オリックスバファローズ戦 スーパービジターチケット(事前引換可能)  1600円※売切れ、ビジターチケット  1300円

 

スーパービジターチケット100・ビジターチケット100 共通特典 5/25(土)18時 巨人  1700円