やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

プロ野球チケット・グッズ情報を中心に、阪神タイガースやプロ野球について“23式”でタイムリーに発信

原辰徳(サイン入り)、長嶋茂雄、王貞治復刻カード 菅野智之Tシャツ、マグネットクリップ、サイン入り・85周年タオル 規制退場を行いながら先着プレゼントで大混雑、密を作る読売巨人の矛盾

極上の二見激情ブログの記事を紹介。

誹謗中傷を先導 平田樹と山本アーセンがやったことは弱い者虐め 大島沙緒里選手が被害を受けても見て見ぬふり RIZINに対抗する団体がないので運営は増長 ええかっこしい上田貴央

t1gp23.blog.fc2.com

カルビープロ野球チップス スペシャル復刻カード 原辰徳(サイン入り)、長嶋茂雄王貞治菅野智之 オリジナルTシャツ、原辰徳 ユニホームマグネットクリップ、読売ジャイアンツ サイン入り(印刷)フェイスタオルと85周年フェイスタオルを紹介。

グッズの紹介が終わったあと、読売ジャイアンツと東京ドームの矛盾について取り上げる。

 

画像はスペシャル復刻カードを2枚、菅野智之Tシャツを2枚、マグネットクリップを1枚、フェイスタオルを1枚、グッズは6枚。

東京ドームでの読売ジャイアンツ戦2022年を3枚、2021年を2枚、東京ドーム22ゲート横にある長嶋ゲートと王ゲートを1枚ずつ、読売ジャイアンツ2022年ビジュアルを1枚、計14枚アップ。

 

原辰徳 カルビープロ野球チップス スペシャル復刻カード サイン入り  1000円※追記 売切れ

 

長嶋茂雄 カルビープロ野球チップス スペシャル復刻カード  300円

王貞治 カルビープロ野球チップス スペシャル復刻カード  300円※追記 売切れ

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

チケット&トラベルT-1 ツイッター  http://twitter.com/Ticket_T1

二見社長 ツイッター  http://twitter.com/T1futami

 

カルビープロ野球チップス スペシャル復刻カード」は、2022年7月8日、9日、10日の読売ジャイアンツ対横浜DeNAベイスターズ戦(東京ドーム)で、SUMMER SESSION(サマーセッション)オールドサマーシリーズを開催。

来場者全員に、「長嶋茂雄」「王貞治」「原辰徳監督」の3種類の中で、1種類をランダムでプレゼントしたもの。

 

いずれも1970~80年代のものを再現した復刻デザイン。

配布した一部のカードにはサイン(プリント)が入っている。

 

菅野智之 オリジナルTシャツ  売切れ

サイズ フリー(Lサイズ相当)

菅野智之オリジナルTシャツは、読売ジャイアンツ公式ファンクラブが「2022 CLUB GIANTSデー」を開催。

2022年6月4日、5日の読売ジャイアンツ千葉ロッテマリーンズ戦(東京ドーム)で、CLUB GIANTS 2022年の有料会員を対象に各日先着5000人にプレゼントしたもの。

原辰徳 ユニホームマグネットクリップ  300円

 

ユニホームマグネットクリップは、GIANTS CLUB G-PO時代(現在はCLUB GIANTS)の特典。

マグネットクリップは2種類。

一つは、原辰徳監督第二次時代のホームユニホーム。

もう一つは、V9時代ビジターのユニホーム。

 

読売ジャイアンツ サイン入り(印刷)フェイスタオル  売切れ

読売ジャイアンツ 85周年フェイスタオル  売切れ

画像左がサイン入りタオル、右が85周年タオル。

 

サイン入りタオル、85周年タオルともに、2019年読売新聞の販売促進用として配布されたもの。

 

読売ジャイアンツグッズ売切れ情報。

メタルファスナーアクセサリーは売切れ。

読売ジャイアンツ 02年優勝記念ピンバッジ3点

t-1.hatenablog.jp

マイルズ・マイコラス 2016年ボンフィンは売切れ

橋本到 2016年ボンフィン

t-1.hatenablog.jp

インスタに上げた画像を紹介する。

二見社長 Instagram(インスタグラム) futami19950823

https://www.instagram.com/futami19950823/

王貞治ゲート、2022年バージョン。

王ゲートは東京ドーム22ゲート横、1塁側。

 

長嶋茂雄ゲート、2022年バージョン。

長嶋ゲートは東京ドーム22ゲート横、3塁側。

恒例の雑談コーナー。

プロ野球に限らず、プロレス、格闘技、ライブなどのイベント開催の際、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策の一つとして、規制退場を行うようになった。

座席の場所のブロックごと分け、退場のアナウンスがあった対象のブロックにいる人達から退場を開始する方法を採用している。

 

個人的に規制退場は意味がないのではないか?

と感じるが、その是非は置いておいて、では規制退場を行いながら、先着プレゼントで大混雑になり、密を作るのは矛盾していないか?

どういうことなのか、説明する。

2022年7月8日、9日、10日、東京ドームでの読売ジャイアンツ対横浜DeNAベイスターズ3連戦で、SUMMER SESSION(サマーセッション)オールドサマーシリーズを開催。

 

この3連戦は来場者全員に復刻カードをプレゼントしたことを既述したが、カード以外で先着1万人にオリジナルTシャツをプレゼントした。

 

7月8日は、長嶋茂雄(23ゲート内壁面)デザインが描かれている東京ドーム場内の壁面。

 

7月9日は、王貞治(21ゲート内壁面)デザインが描かれている東京ドーム場内の壁面。

 

7月10日は、巨人軍栄光の瞬間(25ゲート内壁面)デザインが描かれている東京ドーム場内の壁面。

3日間それぞれ違うデザインのTシャツを配布。

そのため、開場時間前からお客さんが殺到してしまった。

 

特に7月9日、10日は土日とあってか、開場時間(12時)前の11時40分頃に東京ドーム周辺を通った際、大混雑で歩くのも大変だった。

 

ここで先ほどの規制退場の話だ。

密を作りたくないからブロックごとに退場する方法を採用して、先着プレゼントによる大混雑で密を作るのは矛盾以外の何ものでもない。

 

こんなことをするなら、規制退場なんてするなって話じゃないのか?

先着プレゼントするなら、先着順にチケット販売すればいい話。

 

今回の場合、先着1万枚にTシャツ付きのチケットを販売し、引換券をお持ちの方は引換所にて交換、という形にすれば混雑になることも、密になることもなかった。

 

というか、東京ドームと読売ジャイアンツは長く興行を開催してきて、先着プレゼントすれば大混雑になる、と想定できなかったのか?

本当に不思議というか、呆れるというか。

話にならない。

最後に、香川照之はホステスのブラジャーを無理矢理はぎ取っただけでなく、暴行事件まで明るみとなった。

この手の事件、事案は芸能界では氷山の一角だろう。

芸能人だけじゃない、政治家もそうだし、球界も同じ。

今まではいくらでも握り潰してきたんだろうが、今の時代は表に出るようになった。

二見社長 ツイキャス 

ja.twitcasting.tv