やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

プロ野球チケット・グッズ情報を中心に、阪神タイガースやプロ野球について“23式”でタイムリーに発信

クライマックスシリーズは3位にチャンスを与える必要はない 優勝チームが不公平の日程問題 ファーストステージを廃止して優勝チーム対2位チームの戦いに

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を紹介。

 

www.plus-blog.sportsnavi.com

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 

T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami

 

クライマックスシリーズ(以下、CS)は、来年も見直ししないつもりか?

 

2014年に巨人が阪神に4連敗しても廃止にならなかったので、首位広島と14・5ゲーム差の3位横浜DeNA下剋上を果たしても、CSは廃止にならないのは分かっているが、ルールくらいは変えてもいいのではないか?

 

今までCSについては何度か取り上げている。

 

2009年にヤクルトが勝率5割に満たないでCSに進出したので、問題提起の意味も込めて初めてこのテーマで更新し、10年には、千葉ロッテが初めて3位からの下剋上を果たし、2回取り上げた。

 

クライマックス・シリーズ(CS)の見直しはあるのか?――

 

初の3位からの日本シリーズ進出でどうなるクライマックスシリーズ!?

 

3位のチームが日本一になっても、クライマックスシリーズは止められない!?

 

その後は2012年、14年にCS廃止論をテーマに更新した。

 

読売巨人よ、このままCSを敗退していいのか?2位に10・5ゲーム差を離して日本シリーズに進出できないなんて有り得ない

 

CSでの数億円の収益と消化試合減少のために、日本シリーズの権威を落とし、レギュラーシーズンの価値を落としていいのか?

 

今年は、優勝争いに1度も絡んでない、広島が優勝を決めた時3位争いしていた、その広島に14・5ゲーム差を付けられた横浜DeNA日本シリーズに進出した。

 

CSができた時から、何時かこのようなことが起こるだろう、と思っていたが、現実に起こってしまうと、何のための優勝なのか? 半年間戦ってきたのは何だったのか? という思いが消えない。

 

消化試合が減るとか、その手の議論は今まで何度もやってきたので、その件について割愛するとして、いい加減、見直しくらいしてくれ。

 

CSの一番の問題は日程だ。

 

優勝チームの試合間隔が、2週間以上空いた状態で、ファイナルステージで試合するのはあまりにも不公平だ。

 

今年の広島は、公式戦の最終戦が10/1、ファイナルステージが10/18だったので、17日間も試合がなかった。

 

福岡ソフトバンクのサファテが、CSの日程について苦言を呈していたが、サファテと同じ意見だ。

 

仮に、優勝チームに2勝のアドバンテージを与えたところで、優勝チームが待ちの状況であることには変わらない。

 

日程問題を解決するには、思い切って、ファーストステージを廃止するしかない。

 

つまり、優勝チームと2位の戦いのみとする。

こうすれば、優勝チームが待つということが無くなるし、公平となる。

 

ファーストステージが無くなるので、第1戦と第2戦は2位チームの本拠地で開催。

 

第3戦以降は優勝チームの本拠地で開催、1勝のアドバンテージは変わらず4勝先勝(最大6試合制)。

 

そもそも、12球団のうち半分の6球団が進出できるというのは甘すぎる。

 

3位にチャンスを与える必要はないというが、自分の考えだ。

 

と書いたところで、ファーストステージを廃止にするとは思えないが。

 

ファーストステージを廃止できないのであれば、2位のチームに1勝のアドバンテージを与える。

3位チームは2連勝しないと、ファイナルステージに進出できない。

 

ファイナルステージは、2位が進出した場合は優勝チームに2勝のアドバンテージ、3位が進出した場合は優勝チームに3勝のアドバンテージを与える。

 

これにより3位はファースト、ファイナルと全勝しない限り、日本シリーズに進出できないことになる。

これくらい思い切ったことをやってほしいが、やらないだろうな。

 

繰り返しになるが、日程問題を解決するためにはファーストステージを廃止して、よーいドンで優勝チーム対2位チームの試合が、今のシステムよりも納得できるが。

 

 

最後に雑談コーナー。

 

来年の日程発表で一番のサプライズは、東京ドームで埼玉西武主催試合があったことだ(4/17対日本ハム戦)。

 

これで最後の砦(?)ライオンズも東京ドーム主催試合をやるので、パ・リーグは6球団全て東京ドームで主催試合を開催することになった。

 

その埼玉西武戦の株主優待券・内野指定席S引換券入荷。

2018年7/31まで有効、利用方法は例年と変わらず、事前引換可能、大宮球場は内野指定席。

 

東京ドーム主催試合が使えるかどうか未定。

来年の1/31まで1800円で販売、2/1以降は1900円で販売予定。

  

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html