やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

人気チケット情報や現代プロ野球を“23(フタミ)式”でタイムリーに発信

10年前に考えられなかったスポナビブログが終了するなら、10年後、読売ジャイアンツが本拠地東京ドームから離れることだってあるかもしれない

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を紹介。

 

冬巡業中に起こった行司セクハラ事件 宮城野親方監督責任 白鵬の言いなりで貴乃花親方を巡業部長から外した八角理事長と春日野親方の責任問題 フジテレビグッディの酷さ

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1324

 

極上の二見激情ブログ(当ブログ)の引っ越しは1月下旬の予定。

1/16以降は投稿できないため、引っ越し先はT-1ホームページ、ツイッターなどで確認を。 

今日までは、スポナビブログ、はてなブログと同じ内容を更新。

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 

T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami

 

スポーツナビブログでの「やっぱり“T-1”は悪球打ちby23」最後の更新。

 

初投稿が9年11ヶ月前の2008年2月20日なので、あと1ヶ月で10年だった。 

今日が916回目の更新で、累計ページビューが7542085(約754万)。 

極上の二見激情ブログの最後の更新が終わり、こちらの更新が本当にラスト。

 

スポナビブログラストマッチ 二見劇場じゃない、過激の激に情熱の情で二見激情と呼んでくれ 二見激情ブログがあったからこそ、二見社長のキャラクターが認知された

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1326

 

ブログを始めた10年前は、スポナビブログが終わるとは夢にも思わなかった。

 

しかしながら、ツイッターフェイスブック、インスタグラムなどSNSの普及で、ブログをやっている人が激減したってことか?

 

現実には1/31を以って、スポナビブログは完全に終了する。

 

10年前に考えられなかったスポナビブログが終了するなら、10年後、読売ジャイアンツが本拠地東京ドームから離れることだってあるかもしれない。 

f:id:t-1tk23:20180115222936j:plain

1年、2年後はないと思うが、10年後なら分からない。 

1988年に開業した東京ドームは今年で31年目なので、日本で一番古いドーム球場となる。

 

30年以上経てば老朽化が著しく進行するため、この数年は毎年改修工事を行っている。

いずれは、建て直しをしないといけない。

 

問題なのは、もう土地がないのだ。

 

確か後楽園球場時代は、競輪場を壊してその場所に東京ドームを造り、後楽園球場の跡地に東京ドームホテルを建設した。

 

それでこの場所から移転をしないで済んだ。

だが、今度はそういうわけにはいかない。

 

そういう意味では、10年後、巨人がほかの球場に移転する可能性は充分にあり得る話だ。

 

ただ、東京ドーム以上に立地の良い球場はない。

 

水道橋駅JR総武線都営地下鉄三田線後楽園駅東京地下鉄丸ノ内線南北線、これだけ複数の路線が乗り入れることができて、なおかつ周辺には東京ドームシティの色んな施設がある。

 

今の場所から移転して、東京ドーム以上にアクセスが良くなる場所は存在しないと言っていい。

 

築地に新球場の建設の噂が流れることがあるが、築地じゃ客が入るのか?

 

立地の良い東京ドームだから、お客が入るということを考えると、移転は考えられないという見方もできるが。

 

いずれにしても、巨人が東京ドームから移転したら水道橋で店をやるのは難しくなるので、何時そういうことが起こっても対応できるようにしていきたい。

 

因みに、スポナビブログの一番下の左側に、「この記事を支持する」というがある。

 

この項目は2014年5月から入った記憶があるが、一番高かったのは14年10月9日に更新した和田批評の記事(リンク先ははてなブログ)。

 

監督就任以来一度も本拠地最終戦で挨拶できない和田が来年も続投とは(呆)

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2014/10/09/233400

 

99の支持数だった。

 

というわけで、10年間ありがとうございますじゃなくて、イッパイサンキューでモニカ!

 

「やっぱり“T-1”は悪球打ちby23」は、引き続きはてなブログにて発信していくので、今後ともよろしく。 

f:id:t-1tk23:20180115223144j:plain

チケットT-1地図 千代田区三崎町2-11-11福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

http://www.t-1.jp/tk/map.html

 

東京ヤクルト神宮球場)  SS指定席・S指定席・S2指定席引換券  3900円、外野指定席B引換券&外野自由席入場券  1400円

 

埼玉西武メットライフドーム)  株主優待券・内野指定席S引換券(プレミアムA)  1800円

 

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html

通算アクセスランキング 1位巨人は殿様商売、2位和田は監督としての資質ゼロ、3位巨人戦プレミアム・ラウンジ ベスト10は阪神6つ、巨人4つ、阪神、巨人独占

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を紹介。

 

相撲協会は嘘、暴力にまみれた組織か?貴乃花親方憎し池坊保子の悪意満ちた偏見 一番礼を欠いていたのは日馬富士白鵬照ノ富士石浦、隠蔽しようとした八角理事長

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1323

 

極上の二見激情ブログ(当ブログ)の引っ越しは1月下旬の予定。

1/16以降は投稿できないため、引っ越し先はT-1ホームページ、ツイッターなどで確認を。

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami

 

スポーツナビブログへの投稿終了日まであと1日(1/15まで)。

 

前回は通算アクセスランキングベスト10のうち、4位~10位まで発表した。

今回はベスト3を発表。

 

現時点でのページビューは7541424(約754万)。 

なお、記事のリンク先は全て引っ越し先のはてなブログ

 

1位 2013年5月6日

巨人戦(東京ドーム)シーズンシートの値段の高さは殿様商売ぶりを象徴

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2013/05/06/234200

 

2位 2013年10月10日

采配ミスを認めず選手に責任転嫁!監督としての資質はゼロ!和田が監督では、阪神は優勝できない

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2013/10/10/222300

 

3位 2012年4月2日

巨人戦、東京ドームのバルコニー席のグランドウイングと、食べ放題&飲み放題のプレミアム・ラウンジ ビュッフェチケット

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2012/04/02/223500 

f:id:t-1tk23:20180114223006j:plain

4位~10位までは2012年が3つ、13年が3つ、14年1つ、阪神タイガース関連が5つ、読売ジャイアンツ関連が2つだったが、ベスト3も13年2つ、12年1つ、阪神関連が1つ、巨人関連が2つ、同じような感じとなった。

 

結果、12年4つ、13年5つ、14年1つ、阪神関連は6つ、巨人関連は4つ、12年~14年に集中し、ベスト10は阪神と巨人で独占したことになる。

 

また、6つある阪神の記事のうち、阪神への批評記事が5つ、巨人は4つのうち批評記事は2つ、つまり7つは批評記事。

 

やっぱり阪神と巨人は人気球団なので、批評記事を更新すればそれなりに反響がある。

 

因みに1位の巨人は殿様商売と3位の巨人戦プレミアム・ラウンジの記事は、更新した時はそれほど高いアクセス数ではなかった。

ところが、月日が経つごとに数字を伸ばして行った。

 

あとスポナビブログ終了ということで過去記事を全部読み直したが、2008年11月16日に更新した記事が興味深かった。

 

巨人戦なのに意外と苦戦した今年の日本シリーズの観客動員数を検証する

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2008/11/16/235700

 

この記事では、日本シリーズの料金設定、販売方法に苦言を呈して、ネットのみの販売にしたら無法地帯(転売だらけになるという意味)になると警告。

 

08年11月に予言し、現実にそうなったわけで。

 

というわけで、明日はスポナビブログ最後の更新。

 

明日は極上の二見激情ブログも最後なので、悪球打ち、二見激情と1日2回更新する。 

f:id:t-1tk23:20180114223455j:plain

チケットT-1地図 千代田区三崎町2-11-11福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

http://www.t-1.jp/tk/map.html

 

東京ヤクルト神宮球場)  SS指定席・S指定席・S2指定席引換券(事前引換可能)  3900円、外野指定席B引換券(35試合対象・事前引換可能)&外野自由席入場券(23試合対象)  1400円

 

埼玉西武メットライフドーム)  株主優待券・内野指定席S引換券(プレミアムA)  1800円

 

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html

数字が良いのは阪神か巨人 通算アクセスランキング4位~10位 金本スポーツ、勘違い平野、悪い方向に進んだ阪神、自分のことしか考えない巨人、巨人引換え長蛇の列、西岡ポーズ

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を紹介。

 

こんなことが許されていいのか?貴乃花親方に報告義務違反を指摘するなら、暴行現場にいた白鵬鶴竜照ノ富士石浦は?横野レイコ池坊保子、高野利雄を追放してほしい

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1322

 

極上の二見激情ブログ(当ブログ)の引っ越しは、色々あって1月下旬になる。

1/16以降は投稿できないため、引っ越し先はT-1ホームページ、ツイッターなどで確認を。

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 

T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami

 

スポーツナビブログへの投稿終了日まであと3日(1/15まで)。 

残り少なくなったので、通算のアクセスランキングベスト10について更新する。

 

現時点でのページビューは753万9576(約754万)。 

今日は4位~10位までを発表。

 

なお、記事のリンク先は全て引っ越し先のはてなブログ

スポナビの記事を紹介したところで、2/1には消えてしまうので。

 

4位 2012年8月28日

金本の怠慢な守備で達成されたランニングホームラン!怠慢プレーを注意する事ができない阪神はプロの球団ではなく、金本スポーツに成り下がった

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2012/08/28/182300

 

5位 2012年12月16日

勘違い!自分の力を過信!自業自得!FA宣言しておきながら全く声が掛からない平野恵一

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2012/12/16/203400

 

6位 2013年11月30日

今の阪神タイガースは明らかに悪い方向に進んでいる 坂井、南、中村、和田、山脇、吉竹がいる阪神に未来はない

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2013/11/30/213300 

f:id:t-1tk23:20180112221313j:plain

7位 2013年9月26日

巨人さえよければそれで良いと思っている巨人ファンが増えたのは、自分のチームのことしか考えていない巨人軍のやり方に原因がある

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2013/09/26/184300

 

8位 2014年4月5日

2014年の巨人戦の指定席D引換券は、主に指定席Cと引換え!今年も東京ドームの前売り所は物凄い長蛇の列

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2014/04/05/234000

 

9位 2013年9月4日

阪神がやるから問題にしているのか?賛否両論ある西岡ポーズ(グラティ)は挑発行為にはならない

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2013/09/04/200300

 

10位 2012年9月14日

金本なら何をやっても許されるのか?チームの将来を考えているなら、引退試合まで登録を抹消にするべきじゃないのか?

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2012/09/14/185700 

f:id:t-1tk23:20180112221548j:plain

4位~10位まで7つの記事の中で、2012年が3つ、13年が3つ、14年1つと12年~14年に集中している。

 

さらに阪神タイガース関連が5つ、読売ジャイアンツ関連が2つと、数字が良いのは阪神か巨人の記事ということになる。

 

5つある阪神の記事のうち、阪神への批判記事が4つある点が面白い。

巨人の記事も1つは批判記事。

 

阪神というか、金本の現役時代、和田前監督、和田が監督の時の首脳陣、フロントの批判が中心。

 

この頃は熱かった。

いまはタイガースに関しては大分冷めたし、白けたと言っていいだろう。

 

好きな選手の一人の大和がFAで横浜DeNAに移籍したのも、白けた理由の1つに入る。

それよりも金本が監督でいる間は、応援する気になれない。

 

昨年は阪神タイガース関連の更新が激減したが、今年も同じような感じになると思う。

 

チケットT-1地図 千代田区三崎町2-11-11福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

http://www.t-1.jp/tk/map.html

 

東京ヤクルト戦(神宮球場)SS指定席・S指定席・S2指定席引換券(事前引換可能)と、外野指定席B引換券(35試合対象・事前引換可能)&外野自由席入場券(23試合対象)が入荷。

 

埼玉西武ライオンズメットライフドーム)  株主優待券・内野指定席S引換券(プレミアムA)  1800円

 

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html

プロ野球総選挙で大谷翔平が投手1位、野手4位に批判続出 T-1式ベスト3 野手 イチロー、古田敦也、清原和博 投手 松坂大輔、野茂英雄、佐々木主浩

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を紹介。

 

圧力か?日馬富士暴行現場にいた石浦外喜義に取材しないメディア、マスコミ ツイッターでブロックしまくる石浦将勝 信用できないコメンテーター横野レイコ、大至、維新力

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1321

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 

T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami

 

昨日テレビ朝日で、「ファン1万人がガチで投票!プロ野球総選挙』が放送され、プロ野球の名選手ランキングが発表されたが、番組を見た視聴者からツイッターで批判が続出した。

 

以下、プロ野球総選挙で発表された「野手部門」、「投手部門」のベスト20。

 

野手部門

 

1位 イチロー 2位 王貞治 3位 長嶋茂雄 4位 大谷翔平 5位 松井秀喜

 

6位 落合博満 7位 野村克也 8位 バース 9位 金本知憲 10位 内川聖一

 

11位 秋山翔吾 12位 稲葉篤紀 13位 掛布雅之 14位 菊池涼介 15位 クロマティ

 

16位 衣笠祥雄 17位 新庄剛志 18位 阿部慎之助 19位 古田敦也 20位 秋山幸二

 

投手部門

 

1位 大谷翔平 2位 野茂英雄 3位 稲尾和久 4位 金田正一 5位 田中将大

 

6位 江川卓 7位 江夏豊 8位 ダルビッシュ有 9位 上原浩治 10位 桑田真澄

 

11位 黒田博樹 12位 佐々木主浩 13位 岩瀬仁紀 14位 工藤公康 15位 村田兆治

 

16位 岩隈久志 17位 斎藤雅樹 18位 伊藤智仁 19位 松坂大輔 20位 山本昌

 

ざっと見ると引退した選手だと、張本勲福本豊門田博光川上哲治山本浩二松井稼頭央若松勉山田久志米田哲也沢村栄治東尾修平松政次石井一久高津臣吾、現役なら山田哲人、柳田、マエケン、菅野、サファテがランク外だった。

 

この順位発表に、野手部門で4位、投手部門で1位になった大谷翔平に対して、「大谷の1位はあり得ない、これは人気投票か、松井秀喜より上はない」など批判が相次いだ。

 

大谷以外にも、「古田、秋山幸、松坂の順位が低過ぎる、3000安打の張本勲世界の盗塁王福本豊山田久志がランク外はおかしい、何で清原和博が入っていないんだ、秋山翔吾が11位で秋山幸二が20位は変」など不満の声が絶えず出ていた。

 

自分も不満のツイートをしたが、同じキャチャーで古田が阿部より下はあり得ないと思ったし、大谷には罪はないが投手1位も野手4位もあり得ない。

 

そもそもこの企画には無理がある。

 

どうしたって現役選手に投票が集中してしまうし、どの世代に聞いたかによっても大きく順位が変わる。

 

少なくとも現役とレジェンドで分けて、さらに各ポジション別にしないと。

 

というわけで、自分がリアルタイムで観てきた中で凄いと思うプロ野球選手を挙げてみる。

 

投手は先発10人、中継ぎ・抑え5人、内野手のポジションは各2人ずつ、外野手は6人で厳選。

 

先発 松坂大輔野茂英雄小林繁ダルビッシュ有西本聖斎藤雅樹江川卓田中将大井川慶桑田真澄

 

中継ぎ・抑え 佐々木主浩藤川球児江夏豊大野豊鹿取義隆

 

捕手 古田敦也城島健司

 

一塁手 清原和博ランディ・バース

 

二塁手 篠塚和典山田哲人

 

三塁手 落合博満掛布雅之

 

遊撃手 松井稼頭央石井琢朗

 

外野手 イチロー秋山幸二松井秀喜タフィ・ローズ、ラルフ・ブライアント、福留孝介

 

先発に小林繁が入っていることに驚いた読者も多いかもしれないが、小林氏がいなかったら阪神ファンにはなっていない。

自分の中では、一番の憧れだったプロ野球選手。

 

江川が嫌いだった自分にとって、その対極であった西本氏は好きだった。

 

現役で一番の先発はダルビッシュ(松坂はセミリタイアしているので)。

 

江夏氏を抑えにしたのは、広島、日本ハム時代以降から観たため。

阪神、南海時代はリアルタイムで観ていない。

 

日本シリーズ 広島対近鉄の伝説の21球はテレビで観ていたので、今でも記憶に残っている。

 

捕手は古田と城島、ファーストは清原、バース、ショートは松井稼石井琢で文句なし。

 

セカンドが意外と苦戦。

篠塚くらいしか思い浮かばず、現役では山田か菊池で迷ったが山田に。

 

落合はロッテ時代に三冠王を獲得した時がサードだったので。

もう一人はミスタータイガース掛布。

 

外野はイチロー、秋山幸、松井秀に、ローズ、ブライアント、両外国人の本塁打インパクトが忘れられない、あと福留を入れた。

 

T-1が選ぶベスト9

 

投手 松坂大輔、捕手 古田敦也

 

一塁手 清原和博二塁手 篠塚和典三塁手 落合博満、遊撃手 松井稼頭央

 

外野手 イチロー秋山幸二松井秀喜

 

現役は松坂とイチローの2人。 

f:id:t-1tk23:20180109225651j:plain

さらに絞って野手と投手のベスト3を選ぶと。

 

T-1のベスト3 

 

野手 イチロー古田敦也清原和博

 

投手 松坂大輔野茂英雄佐々木主浩

 

自分の中ではこの6人になるかな。

 

この辺の話は、店に来店したお客さんと議論したい。

 

なお、2000年センチュリーベストナイン イベント参加者限定の記念品 9選手カードセットは売切れ。

 

2000年センチュリーベストナイン イベント参加者限定の記念品 9選手カードセット 江夏、古田、王、落合、長嶋、松井稼イチロー松井秀、張本

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2016/02/02/210400

 

チケットT-1地図 千代田区三崎町2-11-11福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

http://www.t-1.jp/tk/map.html

 

埼玉西武ライオンズメットライフドーム)  株主優待券・内野指定席S引換券(プレミアムA)  1800円

 

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html

秋山翔吾、栗山巧、源田壮亮 ボトルホルダー&クリアボトル 秋山、メヒア、金子侑司、牧田和久、武隈祥太、十亀剣 17年ピンバッチ

本題の前に、オフィシャルブログの記事を紹介。

 

因果応報 不義理したプロレス団体、プロレスラー、あいつとこいつにアレとコレ 何と5つが勝手に自滅 ターザン山本氏とシークレットイベント

http://futami-syacho.blog.players.tv/article/181879900.html

 

埼玉西武ライオンズ 秋山翔吾栗山巧、源田壮亮 ボトルホルダー&クリアボトル 秋山、メヒア、金子侑司、牧田和久、武隈祥太、十亀剣 2017年ピンバッチを紹介。

 

栗山巧  ボトルホルダー&クリアボトル  グッズ付  1000円

 

秋山翔吾、源田壮亮  ボトルホルダー&クリアボトル  売切れ 

f:id:t-1tk23:20180107214457j:plain 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 

T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami

 

栗山巧 ボトルホルダー&クリアボトルをお買い上げに方に、ライオンズグッズをプレゼント(詳細は店頭で)。

 

秋山翔吾、源田壮亮は売切れ。 

f:id:t-1tk23:20180107214619j:plain 

ボトルホルダー&クリアボトルは、トク夏2017のイベント期間中ファンクラブ会員を対象に、来場スタンプを集めてもらえたもの。

 

十亀剣  2017年ピンバッチ  150円※追記 売切れ

 

秋山翔吾、メヒア、金子侑司、牧田和久、武隈祥太  2017年ピンバッチ  売切れ 

f:id:t-1tk23:20180107214819j:plain

2017年ピンバッチは、ファンクラブ限定土日祝の来場特典。

 

残りは十亀のみ、秋山、メヒア、金子、牧田、武隈は売切れ。 

f:id:t-1tk23:20180107215010j:plain

ライオンズグッズ売切れ情報。

 

大崎雄太朗 16年ピンバッチ売切れ

 

ライオンズ キューブパズル、十亀剣、岡本洋介 16年ピンバッチ

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2017/01/06/230200

 

岡本洋介 12年カード売切れ

 

西武ライオンズ 松永浩典中崎雄太 12年カード

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2013/11/20/202600

 

帆足和幸 09年ピンバッチ売切れ

 

西武ライオンズ 片岡易之松永浩典、山本淳、藤原良平、中田祥多、黒瀬春樹正津英志三浦貴山岸穣 09年カード

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2013/07/28/154700

 

最後に、星野仙一さんの訃報には驚いた。

 

星野氏は色々と批判されることが多かった。

自分も2008年の北京五輪の時、厳しいことを書いた。

 

星野監督へ、金しかいらないんじゃなかったのか?勝負をかけないで勝てるわけがない

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2008/08/22/171800

 

星野ジャパンに“お疲れさま”とは言いたくない…。星野監督を持ち上げたメディアの責任も重大!!

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2008/08/23/192800

 

だが、星野氏が阪神の監督になったからこそ、万年最下位候補だった阪神タイガースが強豪チームになれた。

 

言ってみればタイガース再建の最大の功労者だ。

 

熱い人がいなくなり、野球界も寂しくなる。

ご冥福をお祈りします。 

f:id:t-1tk23:20180107215240j:plain

チケットT-1地図 千代田区三崎町2-11-11福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

http://www.t-1.jp/tk/map.html

 

埼玉西武ライオンズメットライフドーム)  株主優待券・内野指定席S引換券(プレミアムA)  1800円

 

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html

2017年巨人戦売上トップ23発表! 1位、2位対横浜DeNA戦、10試合ベイスターズ戦独占! T-1開業23周年イヤーに突入

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を紹介。

 

日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り 伊勢ケ濱親方の責任は重大 白鵬の増長を許した相撲協会 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコ

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1320

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

店に来ない人たちには関係のない話になるが、今年はチケット&トラベルT-1開業23周年イヤーに突入する。 

23周年についてはどっかのタイミングで取り上げる。

 

前に2017年開幕から8/20までの東京ドームでの巨人戦、売上枚数トップ10を発表したが、今日は2017年巨人戦売上試合トップ23を発表する。

 

開幕戦から8/20まで巨人戦売上トップ10発表 横浜DeNA戦が7試合独占!今年も横浜、広島ファン中心 売れないカードは巨人対阪神・中日・オリックス T-1開業22周年

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2017/08/28/231900

 

売上枚数に入れる条件として、2000円以上で販売したチケットに限る。 

よって、700円~800円で販売することが多い指定席D引換券や立ち見は除く。

 

2017年 巨人戦(東京ドーム) 売上枚数トップ23

 

1位 9/16(土)横浜DeNA

2位 9/17(日)横浜DeNA

3位 9/30(土)阪神、10/1(日)阪神

 

5位 5/4(祝)横浜DeNA

6位 5/3(祝)横浜DeNA

7位 5/27(土)広島

 

8位 6/17(土)千葉ロッテ

9位 7/30(日)横浜DeNA

10位 7/29(土)横浜DeNA

 

11位 5/16(火)東京ヤクルト、8/19(土)横浜DeNA

13位 7/1(土)横浜DeNA

 

14位 5/28(日)広島、8/20(日)横浜DeNA、8/27(日)阪神、8/29(火)広島

18位 8/25(金)阪神

 

19位 3/31(金)中日、8/18(金)横浜DeNA、8/30(水)広島、8/31(木)広島

23位 8/26(土)阪神

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 

T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami 

f:id:t-1tk23:20180103222704j:plain

チケット&トラベルT-1にとって、2017年は横浜DeNAベイスターズ一強と言っていい年であった。

 

トップ23のうち、横浜DeNA戦が何と10試合独占、トップ10にしてもベイスターズ絡みが6試合独占。

 

昨年、東京ドームでの巨人対横浜DeNA戦は12試合開催。

12試合やって10試合は23位以内。

 

因みに、7/2(日)横浜DeNA戦は24位なので、圏外は5/2(火)の1試合だけ。

 

他のカードは、広島戦はトップ23が5試合、トップ10が1試合。 

阪神戦はトップ23が5試合、トップ10が2試合。

東京ヤクルト戦、中日戦はトップ23に1試合ずつ、千葉ロッテ戦がトップ10に1試合。

 

ランクインした23試合中、16試合が土日祝、トップ10に限ると全て土日祝。

 

平日の7試合のうち、5/16ヤクルト戦はビジターユニホームを配布した試合、3試合が広島戦、横浜DeNA阪神が1試合ずつ、3/31中日戦は開幕戦。

 

昨年、対横浜DeNA戦は土日祝の開催が多かったことと、若いファンが急増したこともあり、売上増に繋がった。

 

ただ今年の横浜DeNA戦は平日が多いので、真価が問われる。

本当に人気があるなら平日でも売れるはず。

 

土日祝だから売れて当然というわけではない、対中日戦は週末開催が多かったにも関わらず、土日のドラゴンズ戦のトップ23はゼロ。

 

巨人対中日に限らず、神宮球場でのヤクルト対中日、横浜スタジアムでの横浜DeNA対中日、と中日絡みは全て売れ行きが悪い。

 

人気がないと言えば、対阪神戦の落ち込みが気になる。

 

3位に9/30(土)と10/1(日)が入ったのは、ほとんど(約8割)ジャイアンツファンが購入したから。 

この2試合は巨人が3位争いをしていたのと、10/1が本拠地最終戦だったからというのが大きかった。

 

2016年辺りから、広島東洋カープベイスターズ、スワローズは、若いファンが急増。

反対にジャイアンツとタイガースファンは高齢化が進んだ。 

今年も売れ行きが良いのは対横浜DeNA戦、対広島戦となりそうだ。

 

画像は第45回東京モーターショー2017のちらし(入場券は売切れ&終了)。

f:id:t-1tk23:20180103222955j:plain

チケットT-1地図 千代田区三崎町2-11-11福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

http://www.t-1.jp/tk/map.html

 

埼玉西武ライオンズメットライフドーム)  株主優待券・内野指定席S引換券(プレミアムA)  1800円

 

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html

1/3(水)第71回ライスボウル 27年ぶり5度目の日本一を目指す日本大学 チーム史上初の2連覇、3度目の優勝を目指す富士通フロンティアーズ

本題の前に、オフィシャルブログを紹介。

 

悪球打ち野球ブログと極上の二見激情ブログは移転、オフィシャルブログは終了(極上の二見激情ブログと統合) 3つもブログは必要なし

http://futami-syacho.blog.players.tv/article/181748030.html

 

2017年最後の悪球打ち野球ブログの更新は、プロ野球の話ではなくアメフト。

 

2018年1月3日(水)東京ドームで行われる、アメリカンフットボール 日本選手権 第71回ライスボウルについて更新。 

f:id:t-1tk23:20171229222448j:plain

第71回ライスボウル アメリカンフットボール日本選手権  東京ドーム

 

全日本大学選手権優勝チーム 日本大学フェニックス vs 日本社会人選手権優勝チーム 富士通フロンティアーズ

 

1・3(水)15時  自由席招待券  前売 2000円 当日 2500円→1500円、1400円※追記 売切れ

 

同日開催

10時10分 第23回さくらボウル 女子タッチフットボール全日本王座決定戦 

11時40分 関東中学生アメリカンフットボール オールスター戦

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 

T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami

 

今年は、朝日新聞発行のJAPAN X BOWL 2017 第31回アメリカンフットボール 日本社会人選手権(東京ドーム)の自由席引換券を発行しなかったため、招待券が全く出回らなかったが(試合当日持ち込みがあったが、招待券ではなく実券だった)、ライスボウルは例年以上に招待券が多い印象。

 

因みに、ライスボウルの自由席券は引換券ではないのでそのまま入場できる。

 

また、昨年より15時開始となった(一昨年までは14時キックオフ)。

 

1/3(火)第70回ライスボウル 関西学院大学富士通フロンティアーズ Xボウル初観戦も客席ばかり映す演出が酷かった

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2016/12/25/215900

 

第71回ライスボウルは、JAPAN X BOWL(JXB)でIBMビッグブルーを破った富士通フロンティアーズと、甲子園ボウル関西学院大学に勝利した日本大学フェニックスが激突することになった。

 

学生代表の日本大学フェニックスは27年ぶり5度目の出場。

 

27年ぶりに甲子園ボウルを制覇した日大は、27年ぶり5度目の日本一を目指す。

 

対する社会人代表の富士通フロンティアーズは2年連続3度目の出場。

 

チーム史上初の2連覇、3度目の優勝を目指す。

 

これまで日大はライスボウル4戦4勝、富士通も同2戦2勝、第71回ライスボウルは勝率10割チーム同士の対決となった。

 

8年連続で社会人が勝利しているが、今回の初顔合わせではどうなるか?

 

最後に雑談コーナー。

 

ツイッター、極上の二見激情ブログでは連日、日馬富士暴行事件の相撲協会の酷い対応や、メディア、マスコミの偏向報道について盛り上がっている。

 

ほとんどのマスコミ、メディアは被害者側の貴乃花親方を批判しているが、その中でも週刊文春週刊新潮は数少ない貴乃花親方寄りの媒体だ。

 

そういえば、先々週発売した週刊文春で、「貴乃花親方ネガティブキャンペーンの黒幕に尾車親方」、週刊新潮で、「貴ノ岩の2枚目の診断書を作成した済生会福岡総合病院と尾車親方の親密な関係」について特集したが、そろそろ、横野レイコ、大至、池坊保子、高野利雄と相撲協会の癒着についてスクープしてほしい。

 

明日か明後日には、極上の二見激情ブログで大相撲問題について取り上げる。

 

画像は怖い絵展(上野の森美術館)のちらし(入館券売切れ&終了)。 

f:id:t-1tk23:20171229222747j:plain

チケットT-1地図 千代田区三崎町2-11-11福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

http://www.t-1.jp/tk/map.html

 

埼玉西武ライオンズメットライフドーム)  株主優待券・内野指定席S引換券(プレミアムA)  1800円

 

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html