やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

プロ野球チケット・グッズ情報を中心に、阪神タイガースやプロ野球について“23式”でタイムリーに発信

2323は最後!口外禁止のシークレットトーク 12・23(土)シン・T-1トークライブvol.7 二見社長×桜木かなこ~2023年二見イヤー最終戦~ 「RIZIN」の話題は外せない 文春でオンラインカジノ

11・17(金)9ヶ月ぶりツイキャス無料配信 蝶野正洋直筆サイン入りアリストトリストTシャツ 究極の自己満足 山崎桃子と富松恵美の慰め合い 仲良しこよしクラブに成り下がった女子格闘技界

t1gp23.blog.fc2.com

 

 

冒頭の画像は、12・23「シン・T-1トークライブvol.7」のビジュアルポスター第一弾。

 

2023年最後のイベント開催決定!

 

2023年12月23日(土)18時から水道橋秘密基地で、「シン・T-1トークライブvol.7 二見社長×桜木かなこ~2023年二見イヤー最終戦~」を開催することになった。

 

二見イヤー最後となるT-1トークライブを中心に更新する。

 

雑談コーナーでは、文春オンラインで違法なオンラインカジノと、「ブレイキングダウン」や「RIZIN」の関わりを掲載したので解説。

 

画像は11枚アップ。

以下、11枚の内訳。

 

12・23「シン・T-1トークライブvol.7」のビジュアルポスターを2枚(グリーン色が第二弾)。

ビジュアルポスターで使用した写真を2枚(丁度下の画像が、第一弾で使用した写真)。

 

 

8・20「シン・T-1トークライブvol.6」関連で、まだ公開していなかった写真を4枚(うち、王貞治ゲートの前で撮影を3枚)。

 

11・17「アジアプロ野球チャンピオンシップ」侍ジャパン対韓国戦(東京ドーム)を2枚。

 

プロレスリング・ノア」のポスターを1枚。

 

 

シン・T-1トークライブvol.7 二見社長×桜木かなこ~2023年二見イヤー最終戦

 

2023年12月23日(土)開場 17時45分 開始 18時 終了予定 21時

会場:水道橋秘密基地(チケット&トラベルT-1のすぐ近く)

会場は予約完了時にお伝えします。

アクセス

JR水道橋駅西口&東口下車徒歩2分、都営三田線水道橋駅A2出口下車徒歩4分

入場料 3000円

 

www.t-1.jp

 

 

■予約方法 メール(info@t-1.jp)での申し込み

氏名(フルネーム)、連絡先、参加人数を明記の上、info@t-1.jp まで送信をお願いします。

折り返しのメールがあります。

指定の口座に振り込み(ゆうちょ銀行を希望の場合、メールの際にお知らせください)。

三菱UFJ銀行 神田支店 普通預金

口座番号 4840435

チケット&トラベルT-1(チケットアンドトラベルティーワン)

振り込み確認後、会場の場所をお知らせします。

 

0時~18時までの申し込み⇒ 申し込み日の21時までに振り込み

18時~23時59分までの申し込み⇒ 申し込みの翌日の12時までに振り込み

 

チケット&トラベルT-1 来店予約(定休日・営業時間を確認の上、来店をお願いします)

氏名(フルネーム)、連絡先、参加人数を聞きます。

代金をお支払い。

入場料支払い後、会場の場所をお知らせします。

 

当店の住所:東京都千代田区神田三崎町2-11-11福田ビル2階

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋)

http://www.t-1.jp/tk/

チケット&トラベルT-1 ツイッター  http://twitter.com/Ticket_T1

 

■イベントの参加について

予約は先着順となります。

定員になり次第、予約は終了となります。

予約状況や残席状況については、チケット&トラベルT-1ホームページ、ツイッター(現在はX)、インスタ、フェイスブックで随時更新します。

ゲストへのプレゼント、差し入れは大歓迎です(生ものを除く)。

トークライブ当日までに残席がある場合に限り、当日券の販売を行います。

 

■桜木かなこ直筆サイン入りチェキの販売

桜木かなこさんとのツーショット撮影を希望の方。

直筆サイン入りチェキを1000円で販売します。

 

 

■注意事項

トークの内容は口外禁止です。

他言無用ですが、SNS等に感想を書いたり、述べたり、写真をアップするのは問題ありません。

動画撮影と録音は禁止です。

写真撮影は可能です。

アルコール類を除き、飲食物の持ち込みは可能です。

ごみは必ず全てお持ち帰りください。

会場内はすべて禁煙となっております。

アルコールの摂取、持ち込みは禁止となります(ソフトドリンク、軽食は可能)。

WiFiは無料で使用になれます。

体調不良、咳、発熱(37.5℃以上)がある場合は、参加ができません。

マスクの着用は任意とします。

こまめに手洗い、うがい、手指消毒の協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染防止の観点から、イベント中でも定期的に換気、窓開けを行いますのでご了承ください。

以上。

 

 

口外禁止のシークレットトーク

 

いつもは他言禁止を謳い文句にしていたが、より強い表現である口外禁止を今回から使うことにした。

理由は12月23日に話す。

 

ただどちらもほとんど同じ意味になるが。

 

いずれにしても毎回書いているが、トークライブの内容は絶対に漏らさないこと。

 

テーマはこれから考えるが、「RIZIN」の話題は外せない。

 

 

12・23「シン・T-1トークライブvol.7」のビジュアルポスターは、冒頭のメリークリスマスと書いているのが第一弾、グリーン色が第二弾。

 

ビジュアルポスターで使用した写真のうち1枚は、11月17日にアジアプロ野球チャンピオンシップで、桜木かなこさんと約9ヶ月ぶりツイキャス無料配信を行った際に撮影したもの。

アーカイブにて配信中。

 

2023年11月17日約9ヵ月ぶりの配信(二見社長ツイキャス

twitcasting.tv

 

 

アジアプロ野球チャンピオンシップについては、後日更新。

 

ここからツイッター(現在はXだが、変わらずツイッターと表記)コーナー。

 

11月28日、桜木かなこさん

「2023年12月23日という23つづきでとても貴重な月日を過ごせてうれしい」と投稿。

 

 

 

チケット&トラベルT-1

「2323という語呂合わせは2023年12月23日で最後」

「ファイナルに相応しい良いイベントに」と投稿。

 

 

 

ツイッターに書いた通り、2323という語呂合わせは2023年12月23日で最後。

 

令和23年なら2323が可能だが、そこまで「チケット&トラベルT-1」を営業しているってことはまずないので。

 

次にまだ紹介していなかった、8月20日「シン・T-1トークライブvol.6」の参加者のツイッターの投稿を紹介。

 

9月11日、ねわざワールド品川の長谷川秀樹代表

「配信形式でのトークイベントが増えていますが、やはり会場でのライブの良さを再認識」

「心地よい一体感・緊張感がある」と投稿。

 

 

 

9月13日、チケット&トラベルT-1

「どれも盛り上がったが、T-1グランプリでの木村響子対華名の舞台裏が一番だった」と投稿。

 

 

長谷川さん

「18年前の試合を語ることができるあたり、プロレスの奥深さを感じました」

「結果が分かっていても何回も観てしまうところがプロレスの魅力」と投稿。

 

 

チケット&トラベルT-1

「主催した大会なので、18年前でも鮮明に覚えている」

「見直しすると新たな発見を見つけるのが楽しみ」

「格闘技では、到底叶わない話」と投稿。

 

 

9月16日、桜木かなこさん

「話しを聞いて、皆さんと笑うときや、エッと引いたりする場面が印象的」と投稿。

 

 

長谷川さん

「他のお客様の反応もわかりますので、やはり会場でのライブは良い」と投稿。

 

 

というわけで、2323の二見祭りは12月23日が最後!

多数の参加、待っているでモニカ!

 

 

二見社長 ツイッター  http://twitter.com/T1futami

 

二見社長 Instagram(インスタグラム) futami19950823

https://www.instagram.com/futami19950823/

 

恒例の雑談コーナー。

 

10月15日、文春オンラインで違法なオンラインカジノと、「Breaking Down(ブレイキングダウン)」や「RIZIN(DFWW社)」の関わりについて掲載したので解説する。

なお、記事を書いたのは山本一郎氏。

 

“グレーすぎる”オンラインカジノが格闘技界隈を汚染する深刻な現状「そもそも誤振り込みの4630万円は誰が、ナゼ、立て替えたんでしょうかね…?」

topics.smt.docomo.ne.jp

 

格闘技界の問題点を一部抜粋。

 

「ブレイキングダウン」や「RIZIN」と、公式オンラインカジノとして名前の出ている「BeeBet」、運営者「Mグループ」と呼ばれる勢力。

 

RIZIN」や「ブレイキングダウン」の有料配信を扱っているスカパー、U-NEXT、ABEMA。

オンラインカジノ収益の「DFWW社」を経由したマネーロンダリングに加担している。

 

RIZIN」や「BeeBet」の実質的な運営者M氏は、2020年にカジノ事業での汚職事件で逮捕された元衆議院議員・秋元司の裁判証人買収事件で逮捕・摘発され有罪。

運営は問題勢力と一体。

 

M氏を中心とする「Mグループ」が、「RIZIN」、「ブレイキングダウン」、「BeeBet」や他の国内系オンラインカジノを手がけている。

 

「DFWW社」のプロモーションや興行、配信事業にあたっては、「K-1」や「東京ガールズコレクション」の実行委員長の矢吹満、また、指定暴力団「稲川会」の現役幹部A氏の関わりが取り沙汰され、A氏はモーニング娘加護亜依の元夫。

 

フジテレビが総合的判断により撤退。

冠スポンサー湘南美容クリニック、Yogiboは、知らなかったとしても問題勢力に資金を提供。

以上。

 

格闘技以外の問題、一部抜粋。

 

犯罪を犯した人の釈明を、著名だからと言ってヒカルのYouTubeで動画配信すること自体が異常。

 

2023年9月オンラインカジノで賭博実況を繰り返して収益を得ていたYouTuber「寝る前にch」の運営者逮捕。

 

9月27日、オンラインカジノ決済代行業者「スモウペイ(Sumo Pay)」を運営していた人物ら摘発。

西村博之や青汁王子は問題勢力の広告塔となった。

 

以上。

 

格闘技界とオンラインカジノの問題だけなく、「RIZIN」と「ブレイキングダウン」を有料配信しているスカパー、U-NEXT、ABEMAと、問題勢力に資金提供したスポンサーにまで追及した点は評価できる。

 

もっともこれらの話題は、昨年の7月17日と、11月27日の「T-1トークライブ」で反社、配信事業者、スポンサーの問題など話しをした。

当然、ここで内容を書くことはできない。

 

二見社長 フェイスブック  http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

T-1激情&チケット  http://www.mag2.com/m/M0040916.html

 

なお「プロレスリング・ノア」の画像は、本文とは無関係。