やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

人気チケット情報や現代プロ野球を“23(フタミ)式”でタイムリーに発信

2017年巨人戦売上トップ23発表! 1位、2位対横浜DeNA戦、10試合ベイスターズ戦独占! T-1開業23周年イヤーに突入

本題の前に、極上の二見激情ブログの記事を紹介。

 

日馬富士だけが辞めてもトカゲのしっぽ切り 伊勢ケ濱親方の責任は重大 白鵬の増長を許した相撲協会 偏向報道を繰り返すメディア、横野レイコ

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/article/1320

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

店に来ない人たちには関係のない話になるが、今年はチケット&トラベルT-1開業23周年イヤーに突入する。 

23周年についてはどっかのタイミングで取り上げる。

 

前に2017年開幕から8/20までの東京ドームでの巨人戦、売上枚数トップ10を発表したが、今日は2017年巨人戦売上試合トップ23を発表する。

 

開幕戦から8/20まで巨人戦売上トップ10発表 横浜DeNA戦が7試合独占!今年も横浜、広島ファン中心 売れないカードは巨人対阪神・中日・オリックス T-1開業22周年

http://t-1.hatenablog.jp/entry/2017/08/28/231900

 

売上枚数に入れる条件として、2000円以上で販売したチケットに限る。 

よって、700円~800円で販売することが多い指定席D引換券や立ち見は除く。

 

2017年 巨人戦(東京ドーム) 売上枚数トップ23

 

1位 9/16(土)横浜DeNA

2位 9/17(日)横浜DeNA

3位 9/30(土)阪神、10/1(日)阪神

 

5位 5/4(祝)横浜DeNA

6位 5/3(祝)横浜DeNA

7位 5/27(土)広島

 

8位 6/17(土)千葉ロッテ

9位 7/30(日)横浜DeNA

10位 7/29(土)横浜DeNA

 

11位 5/16(火)東京ヤクルト、8/19(土)横浜DeNA

13位 7/1(土)横浜DeNA

 

14位 5/28(日)広島、8/20(日)横浜DeNA、8/27(日)阪神、8/29(火)広島

18位 8/25(金)阪神

 

19位 3/31(金)中日、8/18(金)横浜DeNA、8/30(水)広島、8/31(木)広島

23位 8/26(土)阪神

 

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

 

Ticket_T1(チケット&トラベルT-1ツイッター

http://twitter.com/Ticket_T1

 

T1futami(T-1二見ツイッター

http://twitter.com/T1futami 

f:id:t-1tk23:20180103222704j:plain

チケット&トラベルT-1にとって、2017年は横浜DeNAベイスターズ一強と言っていい年であった。

 

トップ23のうち、横浜DeNA戦が何と10試合独占、トップ10にしてもベイスターズ絡みが6試合独占。

 

昨年、東京ドームでの巨人対横浜DeNA戦は12試合開催。

12試合やって10試合は23位以内。

 

因みに、7/2(日)横浜DeNA戦は24位なので、圏外は5/2(火)の1試合だけ。

 

他のカードは、広島戦はトップ23が5試合、トップ10が1試合。 

阪神戦はトップ23が5試合、トップ10が2試合。

東京ヤクルト戦、中日戦はトップ23に1試合ずつ、千葉ロッテ戦がトップ10に1試合。

 

ランクインした23試合中、16試合が土日祝、トップ10に限ると全て土日祝。

 

平日の7試合のうち、5/16ヤクルト戦はビジターユニホームを配布した試合、3試合が広島戦、横浜DeNA阪神が1試合ずつ、3/31中日戦は開幕戦。

 

昨年、対横浜DeNA戦は土日祝の開催が多かったことと、若いファンが急増したこともあり、売上増に繋がった。

 

ただ今年の横浜DeNA戦は平日が多いので、真価が問われる。

本当に人気があるなら平日でも売れるはず。

 

土日祝だから売れて当然というわけではない、対中日戦は週末開催が多かったにも関わらず、土日のドラゴンズ戦のトップ23はゼロ。

 

巨人対中日に限らず、神宮球場でのヤクルト対中日、横浜スタジアムでの横浜DeNA対中日、と中日絡みは全て売れ行きが悪い。

 

人気がないと言えば、対阪神戦の落ち込みが気になる。

 

3位に9/30(土)と10/1(日)が入ったのは、ほとんど(約8割)ジャイアンツファンが購入したから。 

この2試合は巨人が3位争いをしていたのと、10/1が本拠地最終戦だったからというのが大きかった。

 

2016年辺りから、広島東洋カープベイスターズ、スワローズは、若いファンが急増。

反対にジャイアンツとタイガースファンは高齢化が進んだ。 

今年も売れ行きが良いのは対横浜DeNA戦、対広島戦となりそうだ。

 

画像は第45回東京モーターショー2017のちらし(入場券は売切れ&終了)。

f:id:t-1tk23:20180103222955j:plain

チケットT-1地図 千代田区三崎町2-11-11福田ビル2階 JR水道橋駅東口&西口下車

http://www.t-1.jp/tk/map.html

 

埼玉西武ライオンズメットライフドーム)  株主優待券・内野指定席S引換券(プレミアムA)  1800円

 

二見社長 フェイスブック

http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

 

T-1激情&チケット

http://www.mag2.com/m/M0040916.html