やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)

プロ野球チケット・グッズ情報を中心に、阪神タイガースやプロ野球について“23式”でタイムリーに発信

岩隈久志、中村紀洋ボブルヘッド 大阪近鉄バファローズ時代 プロ野球選手名鑑2010、2013、2018、2019年報知ガイド 西武ドームの名称変更は8度目、ネーミングライツによる変更は5度目

本題の前に極上の二見激情ブログの記事を紹介。

言論封殺 中井りんとワイルド宇佐美の都合の悪いツイを見つけ「訴える、名前と住所を教えろ」 天心、武尊の綺麗事に乗っかり榊原CEOをスルー、フジテレビ批判の格闘技界隈 パラエストラ千葉続報

http://t1gp23.blog.fc2.com/blog-entry-1464.html

大阪近鉄バファローズ時代の岩隈久志中村紀洋ボブルヘッド、2010、2013、2018、2019年のプロ野球選手名鑑 報知ガイドを紹介。

 

グッズの紹介が終わったあとは、2022シーズンより埼玉西武ライオンズの本拠地が、「ベルーナドーム」と名称変更した件について取り上げる。

画像は、岩隈久志中村紀洋ボブルヘッドを4枚、プロ野球選手名鑑2010、2013、2018、2019年を4枚、グッズは8枚。

埼玉西武戦2020年と2021年メットライフドーム開催分を3枚、2022年ベルーナドーム開催分を2枚、西武球場前駅を1枚、計14枚アップ。

二見社長 Instagram(インスタグラム) futami19950823

https://www.instagram.com/futami19950823/

 

岩隈久志ボブルヘッド 大阪近鉄バファローズ時代  2000円

レアグッズ

大阪近鉄バッファローズ時代のフィギュア

首振り人形

 

背番号21

フィギュア本体サイズ 約18cm

箱サイズ 約9cm×10cm×21cm

 

中村紀洋ボブルヘッド 大阪近鉄バファローズ時代  2000円

レアグッズ

大阪近鉄バッファローズ時代のフィギュア

首振り人形

 

背番号5

フィギュア本体サイズ 約18cm

箱サイズ 約9cm×10cm×20cm

プロ野球選手名鑑 2010報知ガイドNo.132  50円

 

表紙 越智大祐坂本勇人

発行 スポーツ報知

12球団全選手、スタッフのデータを収録

76ページ

当時の一般価格 300円

プロ野球選手名鑑 2013報知ガイドNo.158  50円

 

発行 スポーツ報知

12球団全選手のデータを収録

80ページ

当時の一般価格 300円

プロ野球選手名鑑 2018報知ガイドNo.190  50円

 

発行 スポーツ報知

12球団全選手のデータを収録

80ページ

当時の一般価格 200円

プロ野球選手名鑑 2019報知ガイドNo.195  50円

 

発行 スポーツ報知

12球団全選手のデータを収録

80ページ

当時の一般価格 200円

チケット&トラベルT-1ホームページ(東京・水道橋):03-5275-2778

http://www.t-1.jp/tk/

チケット&トラベルT-1 ツイッター  http://twitter.com/Ticket_T1

二見社長 ツイッター  http://twitter.com/T1futami

グッズの紹介はここまで。

埼玉西武ライオンズは2022年1月17日、本拠地である西武ドームの名称を、3月から「ベルーナドーム」に変更すると発表。

西武ドームは、メットライフ生命との施設命名権契約により「メットライフドーム」を名乗っていたが、2015年からライオンズのオフィシャルスポンサーに名を連ねていた埼玉県上尾市に本社を構える販事業会社ベルーナが、新たに命名権を取得。

3月1日から新名称が適用された。

西武ドームの名称変更は何度目かと思ったら、前身の西武ライオンズ球場時代を含め、名称変更は8度目だった。

但し、ネーミングライツによる名称変更は今回が5度目。

名称変更は以下の通り。

1979年4月14日~1999年3月17日 西武ライオンズ球場

1999年3月18日~2005年2月28日 西武ドーム

2005年3月1日~2006年12月31日 インボイスSEIBUドーム

2007年1月1日~2008年1月8日 グッドウィルドーム

2008年1月9日~2014年2月28日 西武ドーム

2015年3月1日~2017年2月28日 西武プリンスドーム

2017年3月1日~2022年2月28日 メットライフドーム

2022年3月1日~ ベルーナドーム

簡単であるが、西武ドームの歴史を振り返る。

 

1979年4月14日開場。

その時は西武ライオンズ球場

1999年3月18日にドーム化、西武ドームと改称。

 

2004年、経営改善策の一環として西武ドームの施設名称と二軍のチーム名称について命名権ネーミングライツ)を売却。

インボイスが名乗りを上げ、西武ドームから2005年に「インボイスSEIBUドーム」に名称変更。

 

2007年、「グッドウィルドーム」に名称変更。

同年12月、グッドウィルが違法な派遣業務を行っていたことが発覚。

厚生労働省から事業停止命令を受けたこのため、同社は西武球団に命名権の契約解除を申請。

西武鉄道と西武球団もそれを受け入れ、わずか1年で「グッドウィル」が消えることとなった。

 

それに伴い、球場名は「西武ドーム」に戻った。

2015年3月、8年ぶりに名称変更「西武プリンスドーム」へ。

 

2017年3月1日より「メットライフドーム」に名称変更。

ネーミングライツとしては最長の5年間使用されてきた。

5年間使用されたのもあってか、ファンの間では「メラド」という愛称までついていた。

 

なお、最寄駅の駅名はドーム架設後も西武球場前駅と変わらず。

二見社長 フェイスブック  http://ja-jp.facebook.com/syachofutami

T-1激情&チケット  http://www.mag2.com/m/M0040916.html